車売る人必見com!一番お得に買取強化のお店を探す方法

車を売るのに、1社のみ査定は確実に損します!
複数を比較する事で、確実に20万円高く売れます。
ディーラー下取りよりも高く売れます。

 

お勧めのネットの無料査定サービス

車売る人必見comでは、完全無料で、大手を含む複数の査定会社に、車の無料査定を出すことができるサービスを紹介します。
1度の入力で済むので、とても効率的に、一番高い売却額を提示してくれる業者がわかり、日本車を一番お得に売る事が出来ます。

1位ズバット買取比較
ズバット買取比較
ガリバー、ラビットなど含む大手に一括査定。
このサービスが一番高値が出やすいです。

高く売るなら外せないです。
大手の査定会社の価格をここで比べましょうズバット買取比較の公式サイトへ
2位かんたん車査定
かんたん車査定
ここもガリバーやカーセブンなど大手が多数参加しています。
ズバット買取比較にはない中規模の査定会社も多数ある
ので、
少しでも高く売りたいなら、併用での利用がお勧めです。
簡単車査定の公式サイトへ
3位楽天オート
楽天オート
売却後に楽天ポイントが3000円分もらえます。
参加している査定会社が少ないのと、
ガリバーが参加していないのがマイナスポイント。
楽天派の人なら利用してみるのもありです。
楽天オートの公式サイトへ

 

車が高く売れる理由

日本車の売却相場は、車業者のみが参加できるオークションでの流通価格により決まります
車買取業者は、買い取った車と、オークションで売却した額の差額で利益を得ています。
では、車を売る際の価格は、どこも大した差はないのでは?と思う方もいるかも知れませんが、そうではないです。
以下に、高値が付くケースなどを紹介します。

 

驚く程高値が付くケース

買取業者が、業者のオークションを介さずに、お客様に直接、車を売る事が出来る場合に、驚く程高値が付きます
業者オークションは、売る際の買取業者の利益と、買い取ってお客様に売る際の販売業者の利益の2つが乗せられているため、通常のお客様から車を買い取って、業者のオークションで売る場合は、査定額は低くなります。

 

タイミングと数勝負

では、上記ように車を高く売るには、どうすれば良いかというと、1つでも多くのお店に車の査定をすることです。
買取業者は、お客様から、希望の車種の車を買いたいというオーダーをかかえている場合があります。
そのような買取業者、店舗に当たると予想以上に高く売れます。タイミングと、たくさんのお店に査定に出すことが重要です。

 

ネットのサービスが便利な理由

相見積もり、比較ができる

ガリバー等の店舗に行き、どうどうと「他社と査定額を比べて高い方に売ります」というと、具体的な査定額を教えてくれない事が多々あります。
また、紙での査定額も出してくれません。口頭のみになります。
買い取り業者は、比べられて車の査定額を吊り上げられるのを避けたがります。
その点、ネットの無料査定サービスなら、苦労する事なく、複数の会社の車の査定額を比べる事が出来ますしメールで金額等を連絡してもらうことも可能です。

 

自宅で完結出来る

無料査定から、出張査定、引き取り、売る事まで自宅に居ながらにして出来ます。
買取店舗に査定に行った経験がある方はわかると思いますが、2時間はすぐ過ぎてしまいます。
大手買取店では、即日、車を売ってもらおうと、あの手・この手の営業トークで迫ってきて、なかなか帰してくれません。
逆に、車を売る気がない、他社と天秤にかけているのがわかると、車の売却額を教えてくれなかったり、ぞんざいな対応をされたりします。

 

車の相場がわかる

ネットの無料サービスは、車を売る以外にも活用できます。
複数の買取業者に査定に出すことで、愛車の売却相場がわかります。
納得できる金額じゃなかったら車を売らなくても問題ないので、気軽に利用するのが良いです。

 

車の売り時はいつ?

年度やモデルチェンジに注意

車の売り時は、難しいです。
半年たっても値段が落ちない事もあれば、大幅に落ちることもあります。
特に年度をまたいだり、新しいモデルの発売情報が流れると、査定額が下がる場合が多いので、車を売りたいと思った時が、売り時です。車の情報にアンテナを張っていないとモデルチェンジ等の情報はわからないと思うので、早めの行動をお勧めします。

 

車検切れに注意

車検まで残り1、2カ月になると、少しでも早く車を売りたいと思うのが心情です。
買取業者もそれを、わかっているので、足元を見られます
車検まで半年ぐらいの残り期間があるぐらいがちょうど良いです。

 

日本車と外車で得意が異なるお店

外車の高価買取店は少ない

日本車を売る場合は、全国の買取店が対象ですが、外車は買取強化しているお店と、そうではないお店に分かれます。
車の中では、日本車は一番お得に買い取ってもらえるのが現状です。

 

日本車は有利

日本車は、国内の買取店であれば、外車と違い取り扱わないお店はないので、複数のお店の査定額を比較できるという意味では有利です。
日本車でも細かく言うと、ハイブリッド車を力を入れている所、スポーツカーに力を入れている所など様々ありますが、買取後、業者専用のオークションに流して利益が出れば、どこでも買い取るというのが現状です。

 

安く買いたたきたい業者

少しでも安く買い叩きたいのが本音

買取業者は、売買の差額で利益を得ているので、少しでも安く買い取りたいのが本音です。
また業者オークションでは、流通している相場価格はわかりますが、実際に相場価格で売れるのか、予想より下回るのかは、、実際に売らないとわからないです。
どんな場合でも利益を上げる為、少しでも安く買い叩こうとするのが買取業者です。
高く車を売りたい我々と、相反している事を念頭においた方がよいです。

 

営業トークに注意

即決するなら高く買い取れる、頑張って10万円アップさせた等、様々な技を使って、即日、車を売ってもらおうと、様々な心理戦を繰り広げます。
わかっている人は良いですが、何も知らないと、相手のトークにひっかかり、実はもっと高く売れるのに、安く車を売ってしまったという事になりかねません。
車を売るなら、ネットの無料査定サービスを利用しないと、よほど詳しくない限り損しています。

 

ネットの普及で変わる車の売り方

インターネットの普及により、様々なビジネスで変化が起きています。
車売却市場も例外ではなく、ネット上で簡単に査定額を比較したり、出張査定に申し込むというのが当たり前となりました。

 

査定士の対応が丁寧に

買取店でも、他社と比較されるのが当たり前というの認識のもと、査定士の方の対応などの教育に力を入れています。
査定士の印象も、売る際の決め手の1つになるという事もあり、接客も非常に丁寧に心がけている査定士が多いです。

 

安く買いたたかれる事は少なくなった

店舗での査定が当たり前だった時は、あらゆる営業トークを駆使して、大手でも安く買い叩く所もありました。
洗礼された営業ノウハウは、素人が太刀打ち出来るものではありません。

 

しかし、ネットが普及した事により、簡単に査定額の比較が出来るようになり、以前のように安く買いたたくスタイルは通じなくなりました。
競争の原理で、サービスの向上、適正な売却額の提示などをされるようになったのは、売る側からすると、とても喜ばしい事です。

 

対応が悪いと口コミで広がる

悪い対応をされると、個人がブログやSNSで、そのことを書くことが出来る時代になりました。
それによって、どんな対応をされたとか、トラブルがあったとかネットで簡単に探せる時代になりました。
企業にとって悪い口コミは大幅なイメージダウンになります。
それを避ける意味でも、査定士も出来る限り親切丁寧な対応を心がけるようになりました。

 

店舗展開の時代は終わり

以前は、地域にくまなく店舗を構えている買取店が有利でした。
車を持ち込むのに遠くまで行く人は少ないからです。

 

今は、出張査定が当り前の時代です。
買取店が遠くても、出張査定で来てくれるので、売る側の負担はなくなりました。
出張査定を利用したからといって、出張代を請求される事はありません。
また査定額が、そこかれ引かれるという事もないので安心です。

 

一日で複数査定

出張査定は2時間ぐらいを目安にすればOKです。
午前中に1件、午後に3件時間を分けて、出張査定に来てもらう事も可能で、忙しいサラリーマンでも1日で終わらせる事は可能です。
なお、時間がないからといって、複数の査定会社を同じ時間に呼ぶのは、査定士からすると印象が悪くなるので、止めた方が良いとの事でした。
査定会社の談合で、査定額が下がる事が多々あるそうです。

 

また、査定士も一生懸命、自社の利益を削りながら査定金額を出します。
相手も人間なので、こちらの印象が悪いと、頑張って査定額を高くしようという気持ちは起きません。
あくまで対等な関係なので、こちらもモラルを守り、気持ちよく車を売却したいものです。