事故車を売るのは安くなる? 事故者の定義

まずは事故車の定義

車の骨格部分にあたるフレームを修理した場合に、事故車となります。

 

少しの修理では事故車ではない

追突されてパンパーを取り替えた、ドアを擦った程度では事故車にはなりません
よく勘違いされて、事故車だと高く売れないのではと心配される方いますが、その前に、事故車ではないという事が多々あります。

 

不安なら修理の際に聞くのもあり

フレームを直す程の修理とは、そうとうの事故です。
事故車になるか心配の方は、修理する時に、「車を売る際に事故車になりますか?」と修理の人に聞いてみると良いです。
注意しないといけないのは、間違っても営業マンや保険の人に聞かない事です。
事故車の定義をちゃんと理解していない人が多くいます。

 

 

事故車だと売るのは不利?

事故車になると、大幅に売却額が下がるのは避けられません
通常の査定額よりも−30万円以上、売値が下がる事は覚悟しておいた方が良いです。

 

ただし、トップページで紹介した無料の一括査定サービスを利用すれば、以外と高く売れる事もあります。

 

なぜ高値が付くかといいますと、事故車でも良いから、少しでも安く車を買いたいという人が一定数いるためです。
事故車でも、ちゃんとディーラーなどのちゃんとした所で修理すれば、何の支障もなく乗り続ける事が出来ます。

 

それらの説明を受けて、納得したうえで、少しでも安く手に入るならと購入する方は一定数います。
特に燃費が良い車、ファミリーカーなどは売れやすいです。

 

査定時に、申告した方がよいか?

フレームを直す程の事故をした車なら、査定時にちゃんと申告した方が正確な売却額がわかるので、その方が良いです。
車を売る際は、査定する人が実際に目で見てわかる部分をチェックします。
事故車というのを隠していて、その際に事故車とわかると、大幅ダウンは避けられないばかりか、事故車を低く評価する買取業者だった場合、時間が無題になります。

 

ミラーを変えた等、小さい擦り傷であれば、あえていう必要はないです。

 

 

水没車は、申告しよう

査定時に目視でわかりにくい事故として、水没車があります。
エンジンのトラブルを抱えている可能性があるので、素直に言った方が良いです。
大幅ダウンは避けられませんが、言わないでいると後々トラブルになる事があるので要注意です。