軽自動車の税金納付書を住所転送について

4月1日に車を所有している人には、自動車税の納税通知書が届きます。
自動車税を払っていないと、車検を受けたり、車を売ることが出来ません。

 

今回は、軽自動車の税金の納付書を、
ナンバーを変えずに新しい住所へ郵送、又は再郵送してもらう方法を書きます。

 

事前に、車検証を手元に準備しておいてください。
ナンバーと、車検証に記載のある住所を聞かれます。

 

自動車税の納付書の転送方法

方法は、2つあります。

 

方法1.郵便局で、新しい住所へ郵便物を転送

納税所は郵送で送られてくるので、転送手続きをしておけば、新しい住所に納税書が送られてきます。
これは、以下の条件の時に有効です。
・車検証の住所から、1度だけ引越しをした。
・4月1日より前に、転送の手続きを行った

 

2度以上、引越をしている場合は、この方法は使えません。
また、郵便局の転送手続きは1年有効なので1年過ぎている方も使えません。
(転送手続きは有効期限を過ぎても、もう1度転送手続きすれば、さらに1年有効となります)

 

転送手続きのやり方は、「郵便局 引越し先への転送サービス」でGoogleで検索してください。

 

方法2.車検証の住所の市役所で、新しい住所へ送付

納税所が来ていない場合、上記の転送していても来ない場合は、この方法が確実です。
軽自動車の税金は、車検証に書いてある住所の市町村が管理しています。
引越先の市町村に電話しても、発行は出来ないので注意が必要です。

 

まず、車検証の住所の市役所のホームページをネットで調べます。
電話番号を調べて、電話にて「軽自動車の税金の納付書を再度郵送して欲しい」旨を伝えます。
税務課に電話転送されるので、同じ事を言えばOKです。

 

その市役所に電話して、新しい住所に郵送して欲しい旨を伝えると、
ナンバーは変えなくても新しい住所に納税所を郵送してくれます。

 

 

車のナンバーを変えましょう

 

上記は、応急処置なので、やはり引っ越したらナンバーを変更するのが一番です。
軽自動車のナンバーの再交付は、軽自動車協会の各支所で行えます。
ホームページで「軽自動車協会」のホームページを調べて、管轄の支所にて、変更を行いましょう。