車の下取りはお得?

車の下取りとは、ディーラーで新車を購入する際に、車をディーラーで売る事です。
新車購入も中古車を売るのも、1つのお店で出来るので、手間がなくて良いように思われますが、実はもっと高く売れる可能性があります。

 

売却額と割引が曖昧

新車の見積書に、下取り価格の金額は明記されますが、実は、新車の割引分をそこに転化していたりします。
売却額を高く見せて、新車割引の金額を少なくしたりという事もあります。
また、ほとんどの場合が、ディーラー以外で売った方が高く売れます

 

 

下取りが得な場合

ガリバーなどの査定会社で0円と言われた

10年以上の乗った車、走行距離が走りすぎた車など価格が0円と言われる事があります。
廃車費用が浮く分良いですが、そういう場合は、ディーラーでおまけ程度に10万とか20万円とかつけてくれるので(ただし、上記の割引との線引きは曖昧)、ディーラーで売った方が手続きも一か所で済むし楽です

 

 

下取りで損する場合

10年以下の車

新車登録から10年以下の車の場合は、ディーラーより確実に高く売れます
高く売る秘訣は、トップページで紹介しているように、複数の業者に一括査定に出すことです。
ディーラーは、新車販売が主な仕事で営業マンの成績もその金額で決まるため、頑張って中古車を買う必要はないのです。
心配であれば、ディーラーで下取り金額を聞いた後に、他の買取業者で査定額を聞くと納得できると思います。

 

スポーツカーの場合

ディーラーで査定をしてもらった事がある人はわかりますが、驚く程安い売却額になります。
同じ価格帯のファミリーカーなどよりも、さらに安い査定額になるので愕然とします。
スポーツカーは一部の人には、需要がありスポーツカーに力を入れている販売会社では高く買い取ってくれます。
そういう会社に売った方が、20、30万円は確実に高く売れます。

 

査定額が希望金額の場合

ディーラーで下取りに出したいというと、「希望金額はいくらですか?」と聞かれます。
その際に、言った金額の査定額が付いた場合は、実はもっと高く売れる場合が高いです。
相手が望む金額以上の下取り額を無理して出す必要はないので、もっと高く売れる場合でもディーラーが希望金額以上を提示する事はないです。

 

希望金額を聞かれるのは、ガリバーなどの店舗でも同じで、それを金額を中心に心理戦が始まり、お店有利で交渉が進められるので、本当は希望金額は言わない方が良いです。
ネット査定なら、それらを言わずに査定されるので、買いたたかれるという事もないです。