ローンが残っていても車売れる?

ズバリ、売る事は出来ます
一括返済やローンの組換えで、一括でローン分を返済してからの売却となります。

 

車検証を確認

ローンで購入した車の場合、車検証に記載されている車の所有者が、販売会社またはローン会社の名前になっていると思います。
その状態では、勝手に売れないので、以下の方法を取ります。

 

ローン返済方法

売却額で一括返済

以下の場合に、車を売る際にローンを一括で返済する代わりに売る事が出来ます。

車の査定額 > ローンの残り金額

 

懐に入るお金は、ローン残金分を引いたお金です。
車買取店で手続きをしてくれるので、書類に印鑑を押すだけです。

 

メリットとしては、審査等不要で、自分の意志でいつでも売れます。

 

ローンの組換え

以下の場合でも車を売る事が可能です。

車の査定額 < ローンの残り金額

 

多くの銀行や金融業者でマイカーの組換え、買い替えローンを行っています。
ただし、審査があるので、車の買取業者と相談しつつ進める形となります。

 

デメリットは、審査に通らないと車を売る事が出来ない事です。

 

ローンは金額が少ない方が良い

車を購入する際に、頭金をためて購入する事をお勧めします。
たとえば300万円の車を買う際に、150万円を手持ちのキャッシュで支払って、残りをローンで支払うという事も出来ます。
ローンは結局は、借金で金利が発生するので、お金がもったいないです。

 

若いうちは、生活費を削ってでも車を欲しいという方もいるのではないでしょうか。
筆者はそうでした・・・。
無理して一括で支払うと生活が厳しくなるので、最低でも貯金に30万円ぐらいは残しておきたいものです。

 

手持ちのお金がなくなるのが不安なので、ローンを組むという方もいます。
考え方によっては、一括で支払えるお金があっても、いくらかローンで支払う形もありだとは思います。