車は何年ぐらいで売るのが得か? 走行距離は?

何年ぐらいで売るのがお得?

 

人気車かどうかにもよりますが、
新車から5年以内に売るのが、比較的高く売れてお得です。
昔は、5年を経過すると、車の価値が0なんて言われていた時もありました。
今は、5年経過しても、値段付きますが、モデルチェンジをしている場合が殆どで、ガクっと査定額が落ちるのは覚悟した方が良いです。
特にフロントの変更などの見た目にかかわる部分のモデルチェンジは、査定額に大きく影響します。

 

ベストは新車から3年目の車検前、5年目の車検前で売る事です。

 

ちなみに、買い替えコストなどを比べると、車の価値はなくなりますが、
10年以上乗り潰すのもお得です。

 

結局何を重視するにかによります。
買い換えるとお金はかかりますが、新しい車の方が、安全性も、快適性も向上しています。
特に安全面は、事故が起きた後から後悔しても遅いので、価格以上に価値があると思います。

 

走行距離は?

 

走行距離は、1年で1万キロ以下の計算であれば、マイナス評価にはなりません。
3年落ちの車であれば、3万キロまではマイナス評価にはなりません。

計算すると1ヶ月で830キロ以上、毎月走行した場合に年間1万キロになります。
サンデードライバーの場合、スキーやスノボーが趣味ではない限り、なかなか超えない数値かと思います。

 

あと、走行距離が少ないとプラス査定になるかというと、難しい所です。
評価する所もあれば、あまり査定額に反映しない所もあります。

 

ただし、買う側からすると、少しでも年代が新しく、走行距離が少ない車を探します。
買取店もそれを考慮するので、走行距離が少ないと、高い査定額がつきやすいです。

 

10年以上前の車の金額はつく?

よく車買取店では金額がつかず、ディーラーでは下取りでいくらか付いたという方いいますが、間違っています。
ディラーでは、新車の値引き分を、下取り価格に当てていたりします。
場合によってはお金を払って引き取ってもらう古い車を無料でも引き取ってくれるのは、ありがたいですが、ディーラーで売る方が良いのかは、しっかり検討した方が良いです。
トップページで紹介した一括査定にだして、ディーラーの下取り価格と比較するのがお勧めです。

 

買取業者でも車検が残っていれば、代車として使うので、売れなくても無料で引き取ってくれたりします。