車を売る際にリサイクル料は返ってくる?

車を売った際に返ってくる?

殆どの場合は、車の査定額にリサイクル料の返却も含んだ金額を提示されます
よって、現実の話として、返らないと考えた方が良いです。

 

リサイクル料はいつ支払っている?

新車、または中古車の購入時に支払う形となります。
2005年から施行された法律なので、例外なく強制的に徴収されます。
1度支払えばOKなので、最初の購入時だけ支払う事となります。
見積書にリサイクル料の名目があり、聞けば説明してもらえます。

 

金額はいくら?

車種や装備により金額は異なります。
8千円〜1万8千円の間です。
軽自動車では8千円〜1万円未満、普通自動車では1万円以上が目安です。

 

リサイクル料は返却されるのでは?

廃車する際のオーナーが支払うがリサイクル法の趣旨です。
本来は、車を売った際は、支払ったリサイクル料を返却してもらい、次のオーナーがリサイクル料を支払う形です。
従って、車を売った際に返却されるのが筋です。

 

ただし、現実問題、金額が1万円前後と小さいので、
リサイクル料は返ってきますか?と聞いても「売却額に含んでいます。」と言われます・・・。

 

少しでも高く売るには

リサイクル料の返却にこだわるよりは、1社でも多くの買取会社に査定に出すことをお勧めします。
ネットの無料一括査定サービスを使えば1度の入力で済むので、1番高い金額を提示した所に売る方が得です。

 

リサイクル料金ぐらいの金額は、すぐに取り返せます。