車を売る際のトラブル事例

実際のトラブル事例を集めてみました。
トップページで紹介したように、インターネットでは一括査定もできるため、複数の業者へ見積もりを依頼することが可能です。
しかし、車を売る際にトラブルが発生することもあるので、注意が必要です。

トラブル

 

査定額と違う

車を売る時には複数社へ査定を依頼することが多く、数日ほど待てばメールや電話で各社がそれぞれの買取額を掲示してきます。
しかし、その中から選んで査定に来てもらうと、掲示された金額よりも大きく減額される場合があります
数万円以上減額され、他の業者の方が買取額が高かったというケースもあり得ます。
ヒョウ害や、事故車だったなどは大幅に減額される対象になるので、査定時に自己申告しましょう。

 

引き渡し後に別業者の方が高値だということに気付きキャンセルする場合が出てくるかもしれませんが、その際にキャンセル料を取られ、結局損してしまうこともあります。
査定額から、実際の契約時に減額幅が大きい場合は、契約をせずに他の査定会社にしましょう。

 

 

買取後に返金を求められる

これは悪徳業者で、大手ではそういった声は見受けられないですが、契約書にサインして車を引き渡した後、車が動かないといった理由で返金を求められることがあります。
返金に応じたとしても、手数料が必要と言ってくる業者も存在します。
買取前に車が動くことをきちんと確認し、もし何か言ってきたら必ず理由を聞くようにしましょう。
売る際の契約書で、その後のトラブルはこちらの責任ではない旨を確認しましょう。

 

 

買取額に関する勘違い

買取業者が掲示してくる価格は、税込み表示のものと税抜き表示のどちらかとなっています。
業者によって異なるため、査定額が他社より数万円高い場合は税込み表示の買取額になっている可能性があります。
比較時にはどちらの表示かあらかじめ確認することが重要です。

 

 

事前に業者の評判を調べておく
車の買取業者は全国に多数存在しています。
査定や実際に売る業者によっては前述のようなトラブルに巻き込まれることがあるかもしれません。
あらかじめ評判を調べておけば、無用なトラブルが避けられます。
インターネットの口コミをうまく活用しましょう。